甲斐犬ブリーダー - 本格甲斐犬の川崎酉将犬舎 -


    • 甲斐犬愛好家として家族の一員として迎え入れてくださる方にお譲りいたします。

甲斐犬甲斐犬(かいけん)は、山梨県原産のイヌの品種(「甲斐」は山梨県の旧国名)。

昭和9年秋田犬に次いで天然記念物に指定された。日本犬種の1つで、昭和4年に当時甲府地検に赴任した安達太助が発見し昭和6年に「甲斐日本犬愛護会」(後の甲斐犬愛護会)を創立、昭和7年日本犬保存会の斉藤弘吉、獣医師の小林承吉等が中巨摩郡芦安村(現南アルプス市)や西山村、奈良田村(現南巨摩郡早川町)に群生していた立耳の甲斐地犬を調査し、「飼い犬」(かいいぬ)と間違えないように甲斐犬(かいけん)と命名、保存活動を開始した。

毛色がビール瓶色のような茶褐色で縞のある虎毛を特徴とするため、「甲斐虎毛犬(かいとらげいぬ)」の別名をもつ。(一般的なプリンドルの毛色とは違う。)「虎毛」は赤虎毛と中虎毛と黒虎毛とに分かれる。現在は黒毛にみえる個体も多い。

日本犬種のなかでは中型と小型のあいだの大きさである。

また、狩猟の用途や、原産地、または体型等により、「鹿犬型」(鹿型犬)と「猪犬型」(猪型犬)のタイプがあるが、その区別はあまり明確でない。

体高は、オスは48cm前後、メスは45cm前後である。

虎毛は山野で狩りをするときの保護色である。太く長い毛と、細くてやわらかい短毛が密集している。

尾は差し尾、または巻尾で舌斑をもつ個体も多い。

耳は他の日本犬と比較してやや大きい。

また、甲斐犬は臭いがなく、ご家庭内でお飼いになるのに最適の犬種です。

特性

  • 系統は、北海道犬など日本犬に似た遺伝子構成を持ち、朝鮮半島の犬種の影響もあるという。
  • 寒暖の差の大きい盆地風土に適した敏捷な犬。疾走する様はあたかも弾丸のようである。
  • 元来、山梨県南アルプスの山岳地帯でイノシシやカモシカ、などの獣猟、キジなどの鳥猟や、小動物の五目猟、それに伴う諸作業に使用されていた。